ゲーマーMEXISSの毎日ブログ

このブログではゲーム好きならクスっと笑える様な記事を毎日19時に公開してます!毎日のゲームのお供にどうぞ。

ずっと降り続く雨と軋む心〜HEAVY RAIN〜

 

 梅雨の時期に入ってきて雨続きで気持ちもどんより・・

あーこんなどんよりした気持ちに似合うゲームどこかにないかなぁーー

もっとどんよりしたい!もっともっと!

 

それならこのゲームだ!

f:id:mexiss:20190612133638j:plain

 出典

RAINヘビーレインの値段と価格推移は?|6件の売買情報を集計したRAINヘビーレインの価格や価値の推移データを公開

 HEAVY RAIN  心の軋む時

*ストーリーのネタバレ無し

 

2010年にPS3で発売されて2016年にリマスター版がPS4で発売された(PS4はダウンロード版のみ)

 

雨のゲームといえば?部門があるとすればぶっちぎりの1位であろう!

そもそも他に雨のゲームが思いつかなかった・・(笑)

 

PS4で話題騒然となった、デトロイトビカムヒューマンというゲームを知っているだろうか?

3人の主人公を操作してぞれぞれが選択した行動によってお互いの物語にも影響しあう傑作アドベンチャーゲームだ。

開発したのはクアンティックドリーム社。

 

このクアンティックドリーム社がデトロイトよりも先に発売したのがヘビーレイン。

その為2つのゲームはシステムがそっくりどころかほぼ同じだ(当然)

ヘビーレインのシナリオを変更して画質を良くして様々な要素を加えたのがデトロイトと言えるだろう。

 

ヘビーレインでは何と4人の主人公を操作して物語を進めていく。

ストーリーもとても面白く、デトロイトが好きだった人には高確率でハマる事間違いなしだ!

重厚で考察するのが楽しいストーリー

f:id:mexiss:20190612142735j:plain

出典

LEVEL HELL:ヘビーレイン

 このゲームはシナリオが全てと言ってもいい。アドベンチャーゲームなのだから当然だ。

ネタバレはしたくないから超おおまかにどんなシナリオか説明したいと思う。

 

息子のショーンが今巷で噂の連続殺人鬼に誘拐された!

殺人鬼「子供を殺されたくなかったら私の言う試練を乗り超えてみせろ」

主人公「ショーーーーーーンッーーーー!!」

 

うむ。かなり雑に見えるけどこれはかなり上手く表現出来てる気がする(笑)

 

何故心が軋むのか?

サブタイトルにもある通りこのゲームは心が軋む。

それはこの物語がファンタジーではなく、リアルなヒューマンドラマだからだ。

主人公達は何も特別な能力を持たない人間だし、この事件は現実世界で起こってもおかしくない。

それ故にとても感情移入をしやすい。

このゲームをプレイしてる時、俺は間違いなく一児のパパとしてプレイしていたのだ!

(現実では間違いなく独身なのだが)

誘拐されたショックで子供の名前を叫び続けるシーンがあるのだが、プレイしてる者も一緒に叫びたくなる感情に駆られるだろう。

ショーーーーーーーンッーーーーーー!!

こんな感じに。

あー憎き殺人鬼め。許さんぞ。

 

 

そんな憎き連続殺人鬼の正体を推理しながら物語を進めていくのも楽しい!

あれ?こいつ怪しくない?そう思うキャラクターもいるし、ミスリードをさせるシーンも多く犯人を推理するミステリーが好きな人には歯ごたえがあるだろう。

 

因みに俺は犯人を当てれなかった。(クリアした人達は語り合おう)

直感的な操作とマルチエンディング

f:id:mexiss:20190612155442j:plain

出典

PS3の名作ADV「ヘビーレイン」や「ビヨンド」のPS4HDリマスターが海外で発売!日本でも発売するかな?

このゲームの操作は直感的に行われる。

 

例えばテーブルにコーヒーが置いてあってコップに注ぎたいとしよう。

普通のゲームなら○ボタンか□ボタンを一回押すだけでその操作が完了するだろう。

しかしヘビーレインの場合、右スティックを下に押すとコーヒーを持ち上げて右スティック上に倒すと倒しただけ注がれるのだ!

本編全てでその様な直感的操作になっているからキャラクターを動かしてる感がすごいんだ。

普段ゲームをプレイしてる人程この操作方法の新鮮さを味わえるはずだ。

 

 

そしてマルチエンディングシステム。

 

主人公達の選択肢によって、物語の結末は変わっていく。

基本的に選択肢を迫られる時は時間制限があり、ゆっくり考えて最善の策を考えるといった事は出来ない。

例え、選択肢を間違えて主人公が死んでしまったとしてもそのまま主人公が死んだストーリーが続いてしまう

 

イベントシーン中も直感的な操作や選択を迫られるから画面から目を外していい時間が無い!

自分のミス1つで物語が変わってしまうのだからハラハラしながらプレイする事になる。

まるで人生そのものみたいだ。

頑なに傘を差さない主人公達

f:id:mexiss:20190612162212j:plain

出典

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき- 100%楽しむ 資料庫 ネタバレ有り - NAVER まとめ

このゲームをプレイしていてどうしてもツッコミたくなる事があったからツッコませて欲しい。

 

流石に傘をさせ!!

 

ヘビーレインの世界では常に雨が降っている。

それもパラパラした小雨ではなくびしょ濡れになる位の不愉快な雨だ!

ヘビーなレインだ!

 

にも関わらず、主人公4人、誰一人として傘を差そうとしない。

まるで自分が水属性のポケモンかの如く雨の中を動き回る

だけど君達は人間ポケモンの筈だ。少しは濡れる事を気にして欲しい。

 

確かに物語はシリアスで傘なんてどうでもいい!濡れる事なんて考えてられない!

となるのも分かるが、びしょ濡れのまんま車乗ったら不快感半端ないし、風邪を引いたら行動もできないよ・・(心配)

どれだけ傘を差さないかも楽しみながらプレイして欲しい

まとめ

デトロイトをプレイして楽しめた人は間違いなくヘビーレインも楽しめるだろう。

ストーリー重視でアクション要素は不要な人にもお勧めできる。

 

クリアした後は心を軋まれて、毎年、梅雨になるとこのゲームの事を思い出す事になる。

何しろ俺もこの梅雨で思い出したから書いたのだ。

 

そんな作品だ!!(勢いで〆る)