ゲーマーMEXISSの毎日ブログ

このブログではゲームを「独自の視点」から捉えた個性的な記事を毎日19時に投稿!ゲームのお供にどうぞ。家庭用ゲーム機のみのブログ。

【FF7リメイク】体験版の感想。もはや別ゲー。リメイクという言葉じゃ物足りないレベル。【ツイッターまとめ】

f:id:mexiss:20200303182314j:plain

 

オッス!超ゲーマーMEXISSだ!!!!(@mexiss2)

 

多くのゲーム好きが待ち望んでいるFF7リメイク 

(通称FF7R)

 

4月10日の発売に先駆けて体験版が配信された。

 

そして、早速プレイしてみたんです。

 

 

この通り、期待を上回る素晴らしい体験版でした。 

名作の匂いがプンプンしたぞ!

 

今回は

FF7Rの個人的な感想とツイッターの反応

をまとめました!

 

グラフィックが最高レベル!

f:id:mexiss:20200303160316j:plain

 

PS4のゲームに遊び慣れると、ちょっとやそっとのグラフィックでは驚かなくなるんですよ。 

基本的にどのゲームもグラフィックのクオリティー高いからね!

それでもこの作品のグラフィックには驚かされた。

 

ムービーシーンは言わずもがな、操作してる最中も「うわ~うつくしい・・」と声に出してしまいそうになる。

(クラウドがカッコイイということもあって)

 

カメラでクラウドの顔をまじまじと見てみると毛穴まで見えるほどにグラフィックに力を入れていることが伝わってきました。

 

ゲーム界最強のイケメンをゲーム界最高のグラフィックで動かせる。

 

これだけでも今作はプレイする価値があるのかもしれない。 

アクションとRPGの要素を上手く共存させた戦闘

f:id:mexiss:20200303160337j:plain

 

 「元RPGのゲームだからアクションはもっさりしてそう」

とアクション面にはさほど期待してなかったのですが、いい意味で裏切られました。

 

クラウドの繰り出す剣による攻撃は、デビルメイクライや無双シリーズ顔まけのスタイリッシュさと爽快感を楽しめたんです!

 

そして、そのアクションの中に絶妙に組み込まれているRPG的な要素がまた、面白い。

 

体験版では雑魚に関しては普通に攻撃してるだけでも倒すことは可能だけど、強敵となるとアビリティーや魔法も駆使していかないと勝てないバランスになっていた。

 

そのアビリティーや魔法、アイテムを使う際にはしっかりと画面が止まるんです。

 

画面が止まることによって、じっくり考える時間が与えられて「どの様に戦おうか?」というRPGの醍醐味も味わえた。

 

正直、アクションとRPGのいい所をこれほどまでにバランスよく共存させた戦闘には驚かされましたね・・!

 

キングダムハーツのアクション面をすこし抑えて、よりRPGらしい戦略も加えた戦闘とでも言えばいいのかな。 

 

個人的にかなり好みの戦闘システムでした。

ボス戦の演出やばめ

f:id:mexiss:20200303160356j:plain

 

体験版のトリを飾ったガードスコーピオンとのボス戦。 

 

演出・ハラハラ感・絶妙な強さ・達成感。

 

これらすべてが詰め込まれた最高のボス戦でした!

 

「1体のボスにこれだけの演出と戦い方が用意されているの?!」

と驚かされましたよw

 

ゴリ押しだけじゃ倒せない絶妙な難易度で、何度もピンチを味わいつつも倒したときは達成感を感じられた。

(実際に1回、全滅を経験)

 

これだけ楽しいボス戦を体験できたのだから、他のボス戦にも期待をせずにはいられない。  

ここまでクオリティーの高いボス戦を作っているのなら、そりゃあ分作になるわな!w

FF7R体験版のツイッターの反応

FF7Rの体験版をプレイしてみた人達のツイッターの反応をいくつかまとめました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作のFF7のTHE・RPGな戦闘が好きだった人は今作の戦闘システムを受け入られないという意見もチラホラ見えましたが、9割くらいは好評化の嵐でした!

 

特に「バレットがうるせぇぇ!」という愛のあるツイートが目立っていましたねw 

原作でもあんなうるさいキャラだったっけ?w

「分作」という不満をふっ飛ばした体験版 

FF7Rは分作だ。

 

つまり1本のゲームを買っただけじゃ完結はしないということ。

 

分作にはメリットデメリットがあって、

メリットは 

  • ボリュームを存分に確保できる
  • 物語の最初から最後まで質の高いゲームプレイができる
  • 長い期間、その作品を楽しむことができる

 一方でデメリットは

  • それぞれのゲームが中途半端に終わる
  • 次の分作が発売されるまでに熱が冷める
  • 複数購入するため出費が大きくなる

メリットもあるけど、こういったデメリットも無視できないためFF7Rの分作は賛否両論だった。

 

しかし、今回の体験版の出来がよかったためデメリットがあったとしても

「早くFF7Rをプレイしたい!」

と感じた人も多いんじゃないでしょうか?

分作ということよりも魅力の方が勝った人は多そうだね!

 

今作をリメイク作品と呼ぶには少々違和感がある。

 

他のリメイクされた作品とくらべると明らかに進化のはばが大きいからだ。

 

これはリメイクじゃない・・・超リメイクだ!

 

~この記事が面白かったらはてブボタンワンプッシュ!お願いします!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ゲームブログへ

【ゲームネタ関連の記事!】

www.mexigame.com

www.mexigame.com

www.mexigame.com