ゲーマーMEXISSの毎日ブログ

このブログではゲーム好きならクスっと笑える様な記事を毎日19時に公開してます!毎日のゲームのお供にどうぞ。コンシューマゲームオンリーです。

【最早別ゲー】海外だとタイトルが激変するゲーム集!覚えといて損はない!【学び】

 

f:id:mexiss:20191118085538j:plain

©SEGA

 https://sagamer.co.za/2018/05/22/yakuza-3-4-and-5-will-be-remastered-for-the-ps4

 

穏やかな心を持ちながら楽しくゲームをプレイするゲーマー・・・・・・

 

超ゲーマーMEXISSだ!!!!(@mexiss2)

 

日本で昔から慣れ親しんでるゲームの名前。

 

そのゲーム・・・・海外だと全く別の名前に変わってしまってるかもよ! 

海外に行って、バイオハザードとかロックマンと言っても通じないんだ

日本語だからこそのタイトルもあるよね

 

海外のゲーマー達と円滑にコミュニケーションを取る為にも、この記事では

海外だとタイトルが激変するゲーム

を紹介するよ!

 

海外ゲーマーとの交流に備えよ! 

  

激変その① バイオハザード 

 

海外ではResident Evil 

 

海外では既にバイオハザードという名前が商標登録されていて、この様な名前に変更された。

 

直訳で「邪悪な居住者

 

中々オシャレじゃん。

 

でも日本だとやっぱバイオハザードの方がしっくりくるな。

 

バイオって略しやすいし、ハザードって何だかホラーっぽく聞こえるw

 

日本でもResident Evilてタイトルになってたらどんな風に呼ばれていたんだろう?

レシデ?レシイビ?RE? 

 

うーんバイオハザードで良かった。

激変その② ロックマン

f:id:mexiss:20191118084753j:plain

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

http://blog.esuteru.com/archives/8014773.html

海外ではMEGAMAN

 

ROCKMANだと海外では「岩男」という意味になって、違和感が半端ないからこの様に変更された。

確かに、日本で岩男ってタイトルでロックマンが発売されたら違和感しかないw

 

MEGAMANを直訳すると「巨大男

 

え!それも変じゃね!?

ロックマンは巨大というより小さいし・・・

器が巨大って事か?w

 

これは日本人と海外の人の感覚の違いというやつか。

 

そして激変したのはタイトルだけじゃない。

このパッケージ見てくれよ。

 

このデザインした人はちゃんとロックマンプレイした?

 

真っ青なロックマンに黄色入ってるし、バスターも銃持っちゃってるし・・・

岩男より気になるわ!!w

 

日本もこのパッケージで発売されてたら、シリーズ化もされず1作品で終わってただろ・・

危なかった・・!

激変その③ 龍が如く 

 

海外ではYAKUZA 

 

何故このタイトルに変わったかは見つからなかったけど、まぁ龍が如くの「如く」って部分が英語で表現し辛いって事だろう。 

 

大幅なタイトル変更だけど、確かに間違ってはない。

 

だけど、龍が如くというタイトルは何処かシャレれていて、YAKUZAだけだと物足りない感じが否めない。

海外の人からしたらインパクトあるタイトルだとは思うけどね

 

YAKUZAは忍者・侍に次ぐ日本のイメージになってそう。

 

歌舞伎町でよく外国人を見かけるのは、聖地巡礼中だったりしてなw

 

ゲームみたいに喧嘩するのは止めてくれ・・

激変その④ どうぶつの森 

 

海外ではAnimal Crossing 

 

何だか可愛い感じがあるどうぶつの森が、めっちゃカッコイイ感じになってんな! 

 

直訳で「動物の横断」 

 

これでいいのか?!

 

「どうぶつの森」と「どうぶつの横断」とではかなりイメージが変わってしまわないか?

確かに動物が横断する事もあるけどさ!w

 

これもやはり、日本と海外の感覚の違いというしかない。

 

因みにどうぶつの森の特徴でもあるタイトルの前に付くサブタイトルも海外では変更されているんだ。

日本と海外のどうぶつの森を表にしてみた。

日本  海外 
おいでよ どうぶつの森

Animal crossing Wild World

街へいこうよ どうぶつの森 Animal crossing City Folk
とびだせ どうぶつの森  Animal crossing New Leaf
あつまれ どうぶつの森 Animal crossing   New Horizons

ほんわか感満載の日本に対して、バリバリのアクションゲームでも通用しそうなタイトルの海外版。

 

初見で海外版のタイトルを見て「おっこれはどうぶつの森だ!」って分かる人はいないんじゃないかなw 

激変その⑤ ウイニングイレブン

 

海外ではPRO EVOLUTION SOCCER

略してPES 

 

直訳で「進化するのが職業のサッカー」???

無知で申し訳ないんだけど、とにかく進化してるサッカーて事か?w

 

勝利する11人」という分かりやすいウイニングイレブンと比べて分かりにくいんだよ!(逆ギレ)

 

海外でもウイニングイレブンというタイトルでいいと思うんだけど、何がダメだったんだろう?

調べたけど何処にも情報がなかったんだ。

 

これは個人の憶測になるんだけど、サッカー以外にもクリケット・ホッケーといったスポーツも11人制だから、それらのスポーツの事を考えてイレブンじゃなくてしっかり「サッカー」をタイトルに含めようとしたのかもしれない。

コナンばりに深い推理ねw

 

そして、PESは日本人にとってかなり語呂が悪いと感じる。

「PESやろうぜ!」より「ウイイレやろうぜ!」

の方が語呂がいいし、文字の見た目もいい。(個人の感想)

 

PESになった理由を知ってる人は教えてくれ。

変わり過ぎて面白い

海外版のタイトルは、日本のタイトルの原型を全く留めてなくて面白い。

 

今回紹介したタイトル以外にもまだまだ沢山あるんだ。

 

特に漢字を使っていたり、日本語ならではの表現をしているタイトルは1度海外版のタイトルを調べてみるのをオススメするw

とんでもないタイトルに変わってるかもしれないよ

 

あなたはどちらのタイトルが好き?

 

~この記事が面白かったらはてブボタンワンプッシュ!お願いします!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ゲームブログへ