ゲーマーMEXISSの毎日ブログ

このブログではゲーム好きならクスっと笑える様な記事を毎日19時に公開してます!毎日のゲームのお供にどうぞ。コンシューマゲームオンリーです。

【20周年】子供の頃ポケモン金銀をプレイして衝撃を受けた7つの事。【名作】

 

f:id:mexiss:20191121145042j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

 https://www.pokemon.co.jp/game/other/gbc-gs/

穏やかな心を持ちながら楽しくゲームをプレイするゲーマー・・・・・・

 

超ゲーマーMEXISSだ!!!!(@mexiss2)

 

11月21日は任天堂の日! だけじゃなく・・・・

 

ポケモンが発売されて20周年の日

でもある!

 

ゲームボーイ屈指の名作で、ポケモンシリーズにおいても抜群の人気を誇る金銀。

俺にとってもポケモンで1番印象に残ってるシリーズだ。

 

1999年11月21日に発売されてから20年・・・

子供だった人はもうすっかり大人に。

 

20年経ってもルギアは一緒に居た。

 

この記事では、すっかり大人になってしまった俺が、

子供の頃ポケモン金銀をプレイして衝撃を受けた事

を紹介するよ! 

 

当時の衝撃は忘れない ・・!

 

*今後のポケモンのバージョンを30個考えた記事もどうぞ! 

www.mexigame.com

 

カラーの凄さ! 

f:id:mexiss:20191121152810j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

https://topics.nintendo.co.jp/c/article/f332c045-af0b-11e7-8cda-063b7ac45a6d.html

ポケモン金銀はゲームボーイカラーを買って最初にプレイした作品でもある。

 

その事もあって、カラーになった感動もこのゲームと一緒に味わった。

 

色の付いたポケモン、色味のある町やダンジョン・・・

ってすげぇ。

 

モノクロだったゲームからの進化に子供ながらに凄い感動したのを覚えてる。

 

更にカラーになった事によって色違いポケモンの概念も生まれた!

 

レア度が高すぎて確実に出会う赤いギャラドスにしか出会えなかったけどw

赤いギャラドスが懐かしい・・!

現実の時間とリンクする!

f:id:mexiss:20191121153049j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

http://aatyu.livedoor.blog/archives/2074176.html

ポケモン金銀には時計機能が付いていて、設定した時間と同じ時間がゲーム内でも流れる様になってるんだ。

 

現実の昼にプレイすれば、ポケモンの世界も昼になるし、現実の夜にプレイすれば、ポケモンの世界も夜に。

 

この機能によって、昼と夜で出現するポケモンが変わったりしたんだよ!

これは衝撃だった・・

1999年のゲームだぞ!w

 

更に曜日までも現実とリンクしていて、曜日毎のイベントまで存在した。

子供の頃の俺はこの時点で神ゲーと認定していた気がする。

 

ただ、これらの機能は特定の時間にしかゲームをしない層にとってはきつ過ぎる機能だ。

ポケモンの世界が常に夜の世界だった人もいるんじゃないかな?w

ぼんぐりというシステム!

f:id:mexiss:20191121153347j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

https://66621016.at.webry.info/200905/article_9.html

フィールドに植えられている他の木とは少し違うシューマイの様な木。

 

この木からはぼんぐりというアイテムを入手する事が可能で、

そのぼんぐりをガンテツという人物に渡すとぼんぐりの種類に応じて、性能が異なる特別なモンスターボールを作って貰う事が出来た!

 

 

ゲームの中毒性を高める要素だったんだけど、

衝撃的だったのはガンテツにぼんぐりを預けられるのが1日1個かつ、モンスターボールが出来上がるまでリアルに1日待たなければならない事だ!

 

先ほど紹介した時計機能をここでも活かしてくるとは!w

 

子供の頃にプレイしたから受け入れてたけど、大人になった今思い返してみるとガンテツさんにはもっと手際の良さをレベルアップして欲しいw

エンテイ・スイクン・ライコウとエンカウントした時の緊張感!

f:id:mexiss:20191121153555j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

https://leshure.net/3ds/pokemon-gold-silver/suicune-raikou-entei-get

伝説のポケモンであるエンテイ・スイクン・ライコウ。

 

この3匹はフィールドをランダムに動き回り、草むらを散歩していると突然現れてプレイヤーを緊張感溢れる戦闘に引きづり込む!

 

もちろん、予期せぬ伝説のポケモンとの戦闘に準備もなしに戦う事になるから相当焦る。

(3匹とも途中で逃げるからなお更だ)

 

この3匹の遭遇の仕方や捕まえるコツはネットが普及してる現代では簡単に得られる情報。

 

だけど当時、ネットの力を持ってなかった俺はこの3匹と常に手に汗握る戦闘を強いられたんだ・・!

RPGの戦闘で1番緊張したのはこの3匹との戦闘だわw

 

苦戦させられたけど今ではいい思い出。

もう片方の伝説のポケモンもゲット出来る!

f:id:mexiss:20191121154201j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

http://kuneoresearch.com/3ds-pokemon-silver-diary072/

パッケージに映ってる伝説のポケモンであるホウオウルギア

 

俺は完全に見た目だけでルギアの方がカッコイイと思ったから銀バージョンを買ったんだ。

 

当然、

選ばなかった方のホウオウとはゲームで出会う事ないだろうな

と割り切っていた。 

 

ところが、普通に出てくるだけじゃなくゲットする事も出来てしまう。

 

もちろん凄い嬉しかったんだけど、

銀バージョン買ったのにいいの・・?

と不思議な気持ちにもなったw

クリア後、前作のマップに行ける!

f:id:mexiss:20191121154415j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

http://blog.livedoor.jp/kiirosokuhou/archives/4377380.html

ポケモン金銀で何が衝撃だったのかと言ったら満場一致でこれでしょ!

 

クリア後に前作の舞台であるカントー地方に行ける!! 

 

 

金銀を無事クリアした俺は

後はどっかにいる伝説のポケモンを捕まえる位か~

と、クリアした達成感と共に寂しさも感じていた。

 

そこへまさかのカントー地方の登場ですよ。

 

まだまだ冒険は続く・・!

前作のカントー地方でまだポケモンを楽しめるのか!

 

この展開に熱くならなかったプレイヤーはいないはずだ。

 

更にカントー地方を冒険出来るだけじゃなく、前作のジムリーダー達まで登場させてしまう。

プレイヤーの期待を遥かに超えたサプライズだった。 

 

これはクリア後の要素としては未だに歴代1位じゃないか?

前作の主人公が最強の敵!

f:id:mexiss:20191121154614j:plain

©1995,1999 Nintendo/Creatues inc./GAME FREAK inc.

https://pokemon.gamepedia.jp/kg/archives/4391

 先ほど紹介したクリア後のカントー地方。これだけでお腹いっぱいだったし大満足だ。

 

だけどポケモンのサービス精神はプレイヤーを喜ばせる事を止めなかった。

 

ゲーム内で最強の敵として前作の主人公を登場させたんだ!

 

前作の主人公は特に何かを話す訳ではない。

 

「言葉はいらない。ポケモンバトルで語り合おう」

 

きっとそういう事だ。

 

そして当然めちゃくちゃに強い。

初見でボコボコにされたよ

 

BGMとして流れる「原点にして頂点」が更にそのバトルをヒートアップさせた。

 

まるで、前作をプレイしていた自分自身と戦ってる気分を味わえて、それはもう最高に熱いバトルだったんだ。

ポケモン金銀は衝撃的な名作だった 

 

 

ポケモン金銀は自分にとってゲームの世界によりのめり込むきっかけとなったゲームだ。 

 

ゲームボーイという携帯ゲーム機であれだけの冒険が出来たのは、今考えても凄い事だと思える。

 

これからも沢山のゲームをプレイする事になるけど、

間違いなく生涯プレイしたベストゲームの1つとして名前を挙げ続けるだろう。

 

20周年でも話題になってるけど30周年でもきっと話題になってる。

 

そんな風に永遠に語り継がれる作品だ  。

 

~この記事が面白かったらはてブボタンワンプッシュ!お願いします!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ゲームブログへ