ゲーマーMEXISSの毎日ブログ

このブログではゲーム好きならクスっと笑える様な記事を毎日19時に公開してます!毎日のゲームのお供にどうぞ。コンシューマゲームオンリーです。

【龍が如く7】体験版の感想!龍が如く×ドラクエ×ペルソナ。これやべぇゲームだ・・!【システムのオールスター】

f:id:mexiss:20191114154114j:plain

©SEGA

穏やかな心を持ちながら楽しくゲームをプレイする一般人・・・・・・

 

超ゲーマーMEXISSだ!!!!(@mexiss2)

 

ついに龍が如く7の体験版が配信開始! 

 

龍が如く7は主人公の交代やバトルシステムの変更によって炎上していたゲームでもあるんだ。

 

 *詳細を知りたい人はこちらの記事で。

www.mexigame.com

www.mexigame.com

 

主に批判されていた戦闘システムはこの体験版でばっちり体験する事が出来た。

 

そして、1通り体験版をプレイしてみた感想は・・・

 

やべぇ。

 

このゲーム、色々とやべぇ。

 

語彙力が欠落してると思われるかもしれないけど、プレイした人達はみんなこんな感想になるんじゃないか?w 

 

この記事では

龍が如く7の体験版をプレイしてみて、やべぇと思ったポイント

を紹介するよ! 

 

このゲーム。やべぇ。 

 

やべぇポイント①システムや会話にドラクエ感が溢れてる!

f:id:mexiss:20191114154208j:plain

©SEGA

PVでもドラクエが好きな主人公と紹介されたりと、やけにドラクエを意識していると感じさせられていた龍が如く7。

 

体験版をプレイしてみると、ビックリする位にドラクエの要素が詰まっていたんだ!

 

RPGというジャンルやステータスもそうなんだけどそれだけじゃなかった。

 

まず、普通に会話の中にドラクエという単語が出てくる。

f:id:mexiss:20191114154310j:plain

©SEGA

さらっと言ってる。

 

現実にいそうなおっさんがドラクエを意識してるのを見るとニヤけてしまう。

そして、親近感が湧くw

俺も将来こんなおっさんになりそう

 

戦闘中で使える技にもドラクエの香りが。

f:id:mexiss:20191114154327j:plain

©SEGA

これはどう見ても、ドラクエのギガスラッシュだな。

 

更に仲間になった瞬間。

f:id:mexiss:20191114154346j:plain

©SEGA

ご丁寧にドラクエ同様、仲間になった時にBGMが流れる。


他にもロード画面の右下にドット絵で表現された主人公達が表示されたりと、至る所でドラクエを感じられる。

 

これ、もしかしてドラクエ12じゃない?w

 

ドラクエファンなら間違いなくニヤニヤ出来るポイント満載のやべぇ位にドラクエなゲームだ!

やべぇポイント②戦闘と人間力がペルソナ!

f:id:mexiss:20191114154409j:plain

©SEGA

龍が如く7が発表された当時は1部では戦闘画面が汚いペルソナと笑われていた。

 

まぁ、ペルソナを開発してるアトラスはSEGAの子会社だし、多少は取り入れてるかもな

と思ってたけど、多少じゃなかった。

 

ガッツリとペルソナの要素を取り入れていたんだw

 

まず、主人公は妄想が酷いらしく敵と出会ったら、全く違う姿に見えてしまう模様。

例えば、、

f:id:mexiss:20191114154506j:plain

©SEGA

戦う前は普通のチンピラだったのに、戦闘になるとこんなごみ袋男という化け物に見えてしまっている。

 

戦闘になると敵がモンスターの姿に変化。

これはペルソナと同じだ。

 

更に左に表示されているコマンド。

このデザイン・・・

ペルソナをプレイした人ならペルソナが頭によぎるに違いない。

 

まだまだこれだけじゃないよ。

 

敵を攻撃した時。

f:id:mexiss:20191114154427j:plain

©SEGA

f:id:mexiss:20191114154533j:plain

©SEGA

上は敵に耐性があって、ダメージが軽減されているシーン。

英語でRESISTという表記。

 

下は敵の弱点を突けて、ダメージがアップしているシーン。

英語でWEAKという表記。

 

・・・ペルソナと同じやないか!

 

そっか~戦闘はペルソナを参考にしてるんだね~

待ってくれ、戦闘だけじゃない。

 

このステータス画面の右上のパラメーターを見てくれ。

f:id:mexiss:20191114154220j:plain

©SEGA

どうやらこれは人間力というパラメーターの様だ。

 

情熱・メンタル・陽気・優しさ・知性・お洒落のパラメーターになっていて、これらが高いと新たなジョブになれたり、女の子からモテる様になる。

 

・・・まんまペルソナの人間パラメーターじゃねぇか!

 

ここまでペルソナの要素を取り込んでるとはな!(嬉しい)

 

会話の中にドラクエだけじゃなく、ペルソナの名前も出すべきじゃない?w

 

ペルソナは無双とコラボする前に龍が如くとコラボしていたみたいだな 

 

ペルソナ好きはやべぇ位に魅力が上がったはず。

やべぇポイント③サブストーリーが過去1はっちゃけてる!

f:id:mexiss:20191114171842j:plain

©SEGA

遂に龍が如くもこの領域にまで到達したか。

 

こんなやばいシーン、他のゲームじゃとてもお目に掛かる事はできない。

 

因みにこの後、このでっかい赤ん坊達とガチの殴り合いをする。

 

そしてボコボコにした後のシーン。

f:id:mexiss:20191114171906j:plain

©SEGA

ススムちゃんは完全にプライドというパラメータが欠落しているご様子。

 

最終的に奥さんは大事にしようねって事で話がまとまった。

よくまとまったな!w

 

そして仲良くなったススムちゃんはサポートキャラとして呼べる様に!

f:id:mexiss:20191114171923j:plain

©SEGA

助かるよススムちゃん。

この様に、過去作でもはっちゃけてた龍が如くのサブストーリーだけど、今作は更に上の領域に行きそうな気がする。

 

主人公が真面目で男気溢れる桐生から、どこかおちゃらけた雰囲気の春日に変わった事によって、今まで以上に出来るサブストーリーの幅が広がりそうだ!

まだまだ可能性が計り知れないゲーム 

 

このゲームには非常に可能性を感じる!

 

色んなゲームの要素を取り込みながらも、それがお互いを邪魔し合ってるどころか、見事に共存し合っているからだ!

 

今回マップで移動できたのは以下の1部分のみ。 

f:id:mexiss:20191114174616j:plain

©SEGA

街の再現度の高さは相変わらずだし、このエリアだけでも相当な密度の濃さを感じられた。

全てのエリアを移動できる様になったら、めちゃくちゃ密度の高いちょっとしたオープンワールドになるんじゃないか?

 

体験版によって批判の声より、楽しみにする声が大きくなりそう。

 

龍が如く7・・・

 

やっべぇ楽しみ!!

 

~この記事が面白かったらはてブボタンワンプッシュ!お願いします!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ゲームブログへ