ゲーマーMEXISSの毎日ブログ

このブログはゲームについて様々な視点からコメディチックに語る記事を毎日19時に更新していきます!ゲーム好きのちょっとした暇潰しになれます様に。

【シナプティックドライブ】カスタムロボの新作として見ていいのか・・?期待出来る点と不安な点

 

f:id:mexiss:20190829114038j:plain

© YUNUO GAMES All Rights Reserved. Developed by Kouji Kenjou / Thousand Games

 http://blog.esuteru.com/archives/9370167.html

配信日未定

Switch用タイトル

ジャンル  オンライン対戦シューティング

 

とっくにご存知なんだろう?

穏やかな心を持ちながら楽しくゲームをプレイする普通の一般人・・・・・・

 

超ゲーマーMEXISSだ!!!!(@mexiss2)

 

先日、Switch向けのオンライン対戦シューティングゲーム

シナプティックドライブ

が正式に発表された。

 

本作は64の名作ゲーム「カスタムロボ」のディレクターである見城こうじ氏が参加している事もあり、システムはカスタムロボそのものだ!

 

ゲームタイトルは変わってしまってはいるものの、

どっからどう見てもカスタムロボの系譜なのは間違いない。

 

カスタムロボシリーズが最後に発売されたのが2006年・・・

 

13年以上の時を経て、

 

あのカスタムロボがSwitchで蘇るんだ。

 

カスタムロボをプレイした者なら今、

期待で胸が張り裂けそうになっている所が目に浮かぶよ・・!

それ俺の事や

 

今回は正式に発表されたカスタムロボの続編と呼ぶべき

シナプティックドライブ」の公開された情報、写真、動画を元に、

期待する点と、不安な点を書いていく。

 

蘇れ・・!カスタムロボ・・!

 

カスタムロボとは?

f:id:mexiss:20190829115439j:plain

Copyright1999 NOISE(Marigul)

https://www.amazon.co.jp/

64でデビューした3D対戦アクションゲームだ。

 

ボディー、ガン、ボム、ポッド、レッグの5つのパーツで1体のカスタムロボを組み上げて戦う、カスタマイズ性とアクション性を兼ね備えている。

 

現在よく見られるJUMPFORCE、ナルティメットストームといった

3D対戦アクションゲームを上から俯瞰で見る様なカメラ視点が特徴的。

 

狭いフィールドの中を所狭しと動き回り、

武器を駆使して相手のHPを0にしたら勝利というとてもシンプルなルール。

 

子供向けながらに熱くなれるストーリーも見逃せない!

 

64の対戦ゲームといえば

スマブラ」かこの「カスタムロボ」かと言ってもいい位の名作だ!

カスタムロボの歴史

f:id:mexiss:20190829115810j:plain

©2006 NOISE / Nintendo

https://www.amazon.co.jp/

カスタムロボ

1999年発売

64専用ソフト

 

全てはここから始まった。

そしてこの時、既にカスタムロボの根幹となるシステムは完成されていた。

カスタムロボV2

2000年発売

64専用ソフト

 

前作の正当進化。

パーツの種類が増えて、2vs2も出来る様に!(1vs1だけど交代が可能)

カスタムロボGX

2002年発売

GBA専用ソフト

 

携帯ゲーム機となり、フィールドは3Dから2Dへ。

2Dになったものの、プレイしてみると

カスタムロボの面白さがそのまま詰まっている。

カスタムロボ バトルレボリューション

2004年発売

ゲームキューブ専用ソフト

 

GXまでは日本でしか発売されなかったが、海外でも発売される事になった作品。

デザインを海外受けを狙った物に変更した事が賛否両論を生んでいる。

4人同時のバトルが可能となった。

激闘!カスタムロボ

2006年発売

DS専用ソフト

 

最後に発売されたカスタムロボシリーズ。

携帯ゲーム機だけど、初代、V2と全く同じプレイ感覚の3Dアクションが楽しめる。

カスタムロボを飾ったり綺麗に磨いたりとDSならではの仕様もあった。

 

シナプティックドライブに期待する点

ここからは「シナプティックドライブ」の発表された情報を元に

期待する点を書いていく!

カスタムロボらしさを感じ取れる戦闘

f:id:mexiss:20190829120125j:plain

© YUNUO GAMES All Rights Reserved. Developed by Kouji Kenjou / Thousand Games

https://automaton-media.com/articles/interviewsjp/20181001-77157/

この写真を見て貰えば分かる通り、カスタムロボを知っている者なら、一目見ただけで

あっこれカスタムロボだ

と思うはず。

 

最後に発売されたカスタムロボが13年前という事もあり、

グラフィックとエフェクトが綺麗になっているだけでも感動もんだ!

 

ガン×ワイヤー×トラッカーといった武器をカスタマイズして、

自分だけのキャラクターを作るカスタマイズ性も健在!

 

現在ではオンラインの環境が当たり前となっており、

カスタムロボ」をオンラインで楽しめるというのも魅力的だ!

 

1VS1と発表されているが4人マルチができると書かれている所もあり、

もし協力プレイも可能とあれば、最高に面白い。(続報を待つ)

 

何はともあれ、カスタムロボが現代に蘇る。

 

それだけで期待は最高潮だ。

シナプティックドライブの不安な点

期待も大きいが、、、

残念な事に本作に対する大きな不安も2つあった。

キャラクターデザインが微妙

f:id:mexiss:20190829120422j:plain

© YUNUO GAMES All Rights Reserved. Developed by Kouji Kenjou / Thousand Games

https://automaton-media.com/articles/interviewsjp/20181001-77157/

 何だろう?この洋ゲー感溢れるキャラクターデザイン。

 

こんなでかい爬虫類で戦いたくないぞ!(笑)

 

カスタムロボで戦闘するのは「人型の小型ロボット」であったのに対して、

本作は「自らの体を改造した戦士」なのだから、デザインの違いは仕方ないのだけど。

 

カスタムロボはポップでどこかアニメにも出てきそうなデザインが

愛着が湧いて好きだったしカッコよかったんだ!

 

とはいえ、本作品はカスタムロボの続編だと言われてる訳でもないし、

タイトルも変わってる為、カスタムロボらしさを求めるのは、酷な事かもしれない。

 

それでも、

でかい爬虫類はなんだかな~というのが正直な所。

 

ストーリーモードが無い可能性が高い

f:id:mexiss:20190829162214j:plain

© YUNUO GAMES All Rights Reserved. Developed by Kouji Kenjou / Thousand Games

https://www.4gamer.net/games/435/G043514/20190828020/

現在発表されている情報はオンライン対戦に関する事だけだ。

 

しかも、ジャンルはオンライン対戦シューティングバトルとも記されている為、

ストーリーモードはなく、完全に対戦用のゲームとなっている可能性が高い。

 

カスタムロボはストーリーも魅力の一つだった為、実装されないのなら非常に残念だ。

 

そしてストーリーモードが無かった場合、

武器の入手法はどうなるのだろうか?

最初から全ての武器を使用出来てしまうのか?

 

流石に最初から全部使用できるとなると、飽きも早い。

 

ストーリーと武器の入手法に関する情報はまだ出ていない為、

続報に期待するしかない!

プレイ動画

昨年のTGSで公開された、本作のトレーラー動画だ。

かなり、短いけど新しくなったカスタムロボを感じ取れる戦闘シーンとなっている。

 

youtu.be 

まとめ

f:id:mexiss:20190829164635j:plain

© YUNUO GAMES All Rights Reserved. Developed by Kouji Kenjou / Thousand Games

https://twitter.com/synapticdrive

現時点ではカスタムロボの「戦闘の魅力」を受け継いでいる様に思える。

しかし、不安な要素が多いのも事実。

 

カスタムロボの一部のエッセンスを取り込んだ

カスタムロボ外伝

として期待するのが正しいのかもしれない。

 

とはいえ、カスタムロボのDNAを受け継いでいるであろう唯一の作品だ。

カスタムロボファンは注目必至の作品であるのは間違いない!

 

でも、

でかい爬虫類はやめてくれ

~この記事が面白かったら読者登録はてブボタンワンプッシュ!お願いします!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ゲームブログへ